よくある質問 ワインの通販専門店

HOME > よくある質問

よくある質問

回答一覧

  • Q1. ワインの中に浮遊物があることがありますが、品質に問題はありませんか?

    A1. 元来ワインは濁っている物ですが、通常はボトリングする前に濾過もしくは清澄して透き通った状態にします。ですがワインは生き物で、刻一刻とボトルの中の状態が変化しする為、ワイン中の成分がその過程でオリとなり浮遊することがあります。白ワインの場合、キラキラと輝く小さな結晶のような物が現れることもあります。これは酒石酸というワイン中の成分が結晶化した物です。いずれも害はなく、もちろんそのまま召し上がって戴いても問題はございませんが、気になるようでしたら、デキャンティングするか、底に沈めた状態で楽しんで戴ければ良いかと思います。

  • Q2. ワインを抜詮する際、コルクにカビが付着していることがありますが大丈夫でしょうか?

    A2. 布などでふき取って戴ければ大丈夫です。コルクを打ち込む時などに液が溢れ、そこにカビが繁殖したりします。名醸ワイナリーの地下ワインセラーの中は、そこらじゅうカビだらけです。カビが繁殖しやすい湿度と温度はワインの貯蔵に最適だということの証です。

  • Q3. ラベルに「酸化防止剤(亜硫酸塩)」とありますが、害はないのでしょうか?

    A3. ワインに添加されている量は微量な為、人体に直接的な影響はございません。亜硫酸塩と聞くと人工的な物質のようですが、自然界にも存在しワインの中にも極微量元々存在します。亜硫酸塩は僅かな量で殺菌効果があり、ワインの酸化も防ぐので、最小限はどうしても必要になってきます。無農薬・有機栽培などでワイン造りをする自然派の生産者達は、より少量しか使用しないというのが通常です。中には、全く使用しない生産者も存在します。

  • Q4. 白ワインは冷やして、赤ワインは常温が良いと聞きますが本当ですか?

    A4. 一概には言えません。白ワインはタイプにより、5度〜12度。赤ワインは、10度〜19度当たりに適温があります。白ワインは冷蔵庫の通常温度(5度)では、冷やし過ぎになる場合がありますし、夏場は赤ワインを常温で飲むには温度が高すぎます。一般的に白も赤も、軽快なタイプの飲用適温は低く重厚になるほど飲用適温は高くなります。

  • Q5. ワインは古いほど良いのでしょうか?

    A5. ワインのタイプによります。例えばボルドーの特級やブルゴーニュの特級畑などは、より美味しく飲む為にある程度の年数を必要としますが、多くのテーブルワイン(1,000円以下)は、寝かせて品質が良くなるということはございません。

  • Q6. レストランで注文したワインをテースティングして、ワインの味が気に入らなかった場合、交換することは出来ますか?

    A6. 味が気に入らないという理由では交換できません。但し、ワインが劣化していたり異臭がするなど品質そのものに問題がある場合はソムリエに確認して貰い交換可能です。

  • Q7. レストランでワインを注文する際、何を選んでよいのか判らないのですが?

    A7. 気取らずお店の方に聞くのが一番良い方法です。好みの味や予算を伝えれば、大抵は最適な物を選んでもらえます。ワインの種類はそれこそ星の数ほどあります。どれだけワインに詳しい人でもたまたま入ったレストランで、その店のワイン全てを飲んで知っているということはまずありません。ただ少し知識と経験があるので、品種や産地、年代、生産者などからその味を推測するのが関の山です、お店の人と相談して決めましょう。ワインは飲まないことにはなにもわかりません。但しコツとしてボトル1本で5,000円、もしくは、その店のワインの中間の価格帯、通常は最も品揃えの多い価格帯の中から選ぶと、その店のワインに対する力の入れようが判るので面白い選択方法だと思います。